【Travel report 3 - Japanese version only】最終章、パーティーアイランド編。

2015年10月31日 22:41

【Travel report 3 - Japanese version only】
最終章、パーティーアイランド編。

【イビサ島】
自分が高校生の頃「イビサ島」は、感覚的には「冥王星」と同じくらい遠かった。「セカンドサマーオブラブ」は「冥王星と海王星が接近」という現象と同じくらい現実味が無かった。70年代はヒッピーの聖地として名を馳せ、80年代後半にヨーロッパで初めてデトロイトテクノやシカゴハウスを流した地で、いわゆる今の野外ダンスパーティーの起点となった場所。90年代初頭にはマンチェスターを中心としたイギリスの音楽シーンに影響を与え、多くのロックバンドはそのダンス的な要素や世界観を取り入れた。10年以上前まではエクスタシー等のドラッグの影響も強かった様だけど、今は規制が厳しくなって、汚染の影は薄くなったと言われている。四つ打ちのダンスミュージックをやっていれば、その名前を知らない人はいない。村上龍の小説のタイトルにもなり、某ハイパーメディアクリエーターや有名サッカー選手が紹介しているので、名前を聞いたことがある人も多いはず。個人的には、イビサ島に特別な憧れは無い。本土からフェリーで行ける島という事で、ヨーロッパの人にとっての新島みたいな物なんじゃないかなと思っていた。もしくは、若者に人気があるビーチという点で、自分の地元、藤沢の江の島みたいなものなんじゃないかな、とかね。しかし、それは違っていた。綺麗なビーチ、趣向を凝らしたクラブ、異国情緒のある街並み、美味いメシ、興味深い歴史とカルチャー。無条件で上がる要素が揃った複合エンターテイメントアイランド、それがイビサ島だった。

【イビザでDJ】
十代の頃、やりたい事をリスト化していて、唯一やり残したの事が、ヨーロッパでDJをする事だった。欲しいものは、それがどうでも良くなった頃に手に入る。ここ重要なので復唱。欲しいものは、それがどうでも良くなった頃に手に入る。ここテストに出るぞー。初めてやる環境という事で、最初はナーバスになっていたんだけど、やり初めたらどこも同じ。多くの人が言う様に、お客さんの反応がダイレクト。良ければ来るし、駄目なら引く。わかり易い。むしろ、そういう反応の方が気持ちがいい。事前に仕込んでいたE2-E4のマッシュアップや自分のアルバムからのトラックをかける。この2曲は受けが良かった。すっと入り込めた。今回は場がラウンジ寄りの空間だったので、バッキバキに上げる事はしなかった。それでもやりたい様にできて、ある程度満足できた。今は種蒔きの時期。来年は更に面白い事ができると思う。もし、海外でDJやライブをやりたいという人がいるのなら、自分の曲を持っている事と、どのくらいリリースしてきたかという事が重要。恐らく、その辺は日本よりシビアに見られる。それと、いいか悪いかは別として、冷静に向こうの流行や好みを分析して、自分の強み弱みを把握して、上手く切り込む努力を淡々と続けると、チャンスを掴む可能性はかなり高くなると思う。この世界に関しては基本的に日本の先に世界は無い。日本でローカライズされた物は基本的には通用しない。もう一つ重要なのはコミュニケーション能力。英語は流暢ってレベルまで上げたら、やりたい事を、より通し易くなると思う。恥ずかしながら、ここに関して自分はまだまだ。今回、漠然と何が必要なのかがわかった。基本的に自分のやってきた事は間違っていない。何をやるにしろ、広い世界でやった方が楽しい。

【イビザのクラブ】
イビサを代表するクラブ「Pacha」へ入れてもらった。客層はヨーロッパの比較的裕福な層。きっちりターゲットを絞ってマーケティングしている。入場料が当日券だと70ユーロ(1万円越え)。お酒が一杯15ユーロ(2千円越え)。ここで簡単な算数をしてみよう。一晩で5杯お酒を飲んだお客さんは入場料と合わせて2万円払う。満員で3000人入ったとして、一日の売り上げが6000万円。そのうちトップDJに2時間のギャラを1000万円払う。もの凄くざっくり言うと、年収50億円のDJがいるのは、こういうカラクリなんじゃないかな。ザ・資本主義。ただ、こういうの「あり」だと思う。そして、こういう世界があると知っておく事は良い事だと思う。こういうコマーシャルな所が活性化する事で、コアな部分も活性化したりする訳だし。音楽を大して好きでは無い層を狙ってブランディングしていて、それが成功している。イベント事態もエンターテイメントとして完成されていた。欧米のファッション誌のモデルの様な、露出の高いダンサーのショーあり。ライティングも凝っていて、サウンドシステムも良い。年齢層も幅広く、危険な感じもしない。完成されたショーという点ではディズニーランドと通ずる物があった。より大人向けだけどね。ベルリンのTresorと比較すると正反対。かといって、イビサがこういうコマーシャルな箱ばかりという事ではない。この裏ではMarco Carolaがミニマルテクノを回してたり、別の箱ではニューヨークハウスのTodd Terryがプレイしていたりする。シーズン中いても飽きずに遊び続けられる。

【イビサのビーチ】
ローカルに教えてもらった穴場のビーチへ行ってきた。透き通る海、見晴らしの良い景色、乾いた空気、人も少ないし、気持ちがいい。木陰で目を閉じてチルってると、何かの気配を感じたので目を開けた。最初、その肌色の物体が何かわからず、地中海に生息する中型の哺乳類かと思ったのだけど、それは違った。素っ裸の白人のカップルだった。涼しい顔をして自分の目の前を全裸で横切っていった。どこかで見た絵面だなと思ったんだけど、わかったね。歴史上最大のベストセラー「聖書」の「創世記」だ。ここまで、普通でいられると、水着をつけている自分が逆におかしいんじゃないかと思えてくる。同調圧力ってのは恐ろしい。この、現代のアダムとイブに遭遇した後、同じ海岸で、現在もフラワームーブメント真っ只中のおじいさんヒッピーに遭遇した。恐らく、この地で50年近くヒッピーを続けて来たであろう風貌と雰囲気。それだけ長く続けてきたのだとしたら、その存在そのものがメッセージになる。願わくば、最後まで一切後悔せず、ラオウの様に散っていって欲しい。「わが生涯に一片の悔いなし」と。ここもテストに出るぞー。年間50億稼ぐDJと50年間ヒッピーをやり続けてきたじいさん。どちらが勝者か。答えは明確。どちらも一等賞。良くも悪くもオンリーワン。

イビサ島の「物語」は終わらない。来年は自分がその演者となるのかも知れない。禁断の果実を食べて楽園を追放されるその時まで。

ib01.jpeg

ib02.jpeg

ib03.jpeg

ib04.jpeg

ib05.jpeg

ib06.jpeg

【Travel report 2 - Japanese version only】ドライブ編

2015年10月17日 22:37

【Travel report 2 - Japanese version only】
旅も中盤戦。シュツットガルトからイビサへ飛び立つまでの、6カ国を跨ぐドライブ中の出来事。

【国をレンタルするというコンセプト】
「国を手に入れたい」と思った事はないですか。スケールの大きな話だけど、Airbnbで「国」を貸し出している。日本円で1日600万円ほどで借りる事ができ、150人分の宿泊施設が付いてくる。その国の名はリヒテンシュタイン。れっきとした独立国家。もし、国を手に入れたら、何をやるか。アイデアはいろいろあると思うのだけど、こういうのは、実際に自分の足で行って、自分の目で判断するのが一番早い。そういう訳で、さっそく今回は視察へ行ってきた。川と丘に挟まれた、小さな「街」の様な国で、緑豊かなのどかな場所を想像していたのだけど、実際は近代的な建物が多く、ゴミも落ちていないし、よくオーガナイズされている印象を受けた。人口3万5千人。タックスヘイブンとして知られていて、税金免除のための外国企業のペーパーカンパニーの登録数がその人口を超えている。金融で潤っている訳だ。小高い丘の上に小さな城がそびえ、その丘を覆う森を挟んで、近代的な町並みとその先にある川(国境)を見下ろしている。「国」という素材はとても魅力的なのだけど、レンタルするには「プライベート」な目的である事が条件。ここでずいぶん制限がかけられるよね。基本的には、人の迷惑にならない、採算が取れる、面白い、この三つの条件が揃えば良いと思っている。必要なのは良いアイデアと仕組み。想像できる事にできない事はない。

【アルプスの山奥の一軒家】
結論から言うと、一緒に旅したじいさんはアルプスの少女ハイジの世界に住んでいた。ミラノを出た後、一泊させてくれると言うので、車に乗って、ミラノの東に位置するベルガモという街へ向かった。車でどんどん山奥へ入っていって、入り組んだ坂道を登っていき、着いた先は、アルプスの山々を見渡す事ができる、築300年から500年という想像を絶する建物だった。りんごと葡萄を無農薬で育てていて、自給自足の生活を一人でおくっているらしい。500年前というと、神聖ローマ帝国とかレオナルドダヴィンチの時代。「ルネッサーンス」だよ。リアルで。家の中はしっかりと改築されていて、電気もネットも使える様になっている。生活にはなんの支障もない。三階建てで、天井の高い広い部屋が6、7個あり、時々ネコがニャーと入ってくる以外は静かで、風や虫の音がよく聞こえる。ベランダをフルに使って育てている葡萄をもぎ取り、皮ごと食べる。古い家具も味があり、掃除も行き届いている。いい景色があって、自分で育てた果物を食って、好きな本を好きなだけ読んで、気が向いたら世界を旅する。シンプルな生活。「再来年は2回目の世界一周するかなー」と言っている辺りがやはり只者ではない。

【本場のパスタ】
イタリアで、イタリア人に、美味いイタリアンのお店に連れて行って欲しいと頼んだ。個人的には、日本のメシ最強説を結構信じているんだよね。それは、日本でそれなりのお店に行けば、何を食ってもオリジナルに近いか、それをたまに凌駕してしまう、という事。日本の持つ改良とアレンジの技術は、料理に対しては相当のレベルなんじゃないかと思っている。ただ今回、オリジナルの持つ説得力にやられた。文化の厚みと言うのは凄いな、と。頼んだのはアンティパスト(サラミとチーズ)、スパゲティ、リゾット、ビール。現地で取れた水と肉、野菜などの素材を使って、良い料理人が、長い歴史の蓄積の中で培ったノウハウと、その人が持っている絶妙なバランス感覚で、完璧にその土地の料理を作ると、物凄く説得力がある。要は「彼らの料理」なんだよね。旨い、と言う事にバックグラウンドがプラスされる。その必然性がオリジナルの強さなのだと思う。例えば、日本人で巧いジャズミュージシャンがいて、技術もリズム感も半端なくて、日本人ならではの独自のアレンジをする人がいる。ただ、ジャズはニューオリンズで生まれ、ニューヨークで発展していったもので、彼らのバックグラウンドと文脈の中で生まれた「彼らの音楽」なのだと思う。もちろん「改良」でも、別物として凄いクオリティに達しているものはあるけれど、本場の凄みというのは別で確実にある。ちなみにお酒も飲んで二人で30ユーロ程度。ミラノだと同じクオリティで40ユーロ以上はする様です。

【飛行機に乗り遅れそうになる】
イビサへ向かう為、朝早く家を出て、イタリアのベルガモの空港まで車で向かう。余裕を持って二時間前に着く様に家を出たのだけど、高速道路のインターチェンジで空港へ行くまでの道に迷ってしまう。そして空港に着いたのが出発の一時間前。まだ余裕がある。既にチェックインはオンラインで済ませてある。該当の航空会社のカウンターへ向かい、印刷した必要書類を見せる。オンラインチェックインが正常に処理されてないと伝えられる。前日に確かに済ませたはずだ。カウンターのスタッフと軽く口論になる。しかし今重要なのは、自分の意志を通す事ではない。時間内に飛行機に乗る事だ。現地でのチェックインは別の窓口でできるという事で、指定されたカウンターへ向かう。しかし、そこにチェックインの窓口はない。さあ、いよいよ危ない。一発のミスが乗り遅れに繋がる可能性がある。自力で自動チェックイン機を探し出し、クレジットカードを使って速攻で手続きを終わらせる。この時点で、ゲートクローズの15分前。急いで、搭乗手続きカウンターへ戻る。さっきまでカウンターにいたスタッフがいない。隣のカウンターのスタッフに至急である事と便名を伝える。そこから別の特設カウンターへ移動。スーツケースを預け、ボーディングパスを受け取る。とにかく急いでくれと言われる。直ぐに手荷物検査場へ向かうも、検査を通過した時点でゲートクローズタイム10分オーバー。この時点で最悪の事態を想定する。この空港からはイビサへは飛行機が一日一本しか出ていない。乗れない場合、この田舎の空港で24時間過ごさなければならない。預けた荷物は通常、飛行機に積まれないはずだが、そこはLCC。荷物だけ旅立ってしまう可能性もあると踏む。結論。ブチ切れるなり、なんなりして、とにかく、ゲートを突破して、飛行機に乗り込む。これが今のミッション。ゲートへ向かう。英語でのキレ芸の準備を頭の中で進める。ゲートへ到着。もちろん既にクローズしている。カウンターにいるイタリア人の男性スタッフの前へ行く。迷ってる暇はない。先ほど考えたパンチラインを喰らわせて、精神的にノックアウトして、この関門を突破するだけだ。カウンターに右肘をのせる。相手の目をみる。向こうもこちらを見る。荒れる天候。高まる緊張感。。。向こうから切り出した。「チャオ」。。。と。俺は返した。「チャオ」。。。と。すんなり通過。穏やかな笑顔に見送られゲートイン。天候も心なしか晴れ間が広がった様な気がした。結果オーライ。レッツゴートゥーイビサ!レッツゴートゥーパーティーアイランド!※きちんとオンラインチェックインできてなかったのは自分のミスでした。バーコード付きのボーディングパスを手に入れた時点で、オンラインチェックイン完了と考えれば良いみたい。最初のカウンターのねえちゃん、ごめんな!

i1.jpeg

i2.jpeg

i3.jpeg

i4.jpeg

i5.jpeg

【Travel report - Japanese version only】ドイツ編

2015年10月12日 21:43

【Travel report - Japanese version only】
さて、日本へ帰って来たものの、直ぐに週二回の日帰り名古屋出張、その間、胃腸の調子を崩して体調不良、地元へ行って重要な身内問題を片付けたりと、めくるめく難関ステージが待っていた訳だけど、なんとかクリアし、ようやく落ち着き始めたので、以下、ヨーロッパの旅の雑感をアップしていきます。先ずは、比較的平和なドイツ編。写真は文と同じ順序。

【ベルリン市内】
ドイツ語がわからない、知り合いがいない、東アジア人が少ない、と久しぶりのアウェー感。それにも関わらず、初日から駅のホームで三人連続で電車の行き先を聞かれる。路線図を見て答えたけど、間違ってたらゴメン。俺がベルリンが初めてだと見抜けないあんたが悪い(笑)道を歩いていれば、犬と自転車とビールが好きなのがわかる。ビール瓶をミネラルウォーターの様に持ち歩いて飲んでる若者がちらほら。西側(シャルロッテンブルク)に宿を取ったのだけど、じいさん、ばあさんや赤ちゃんを連れている人が多く、子供を育てるのに良い地区なんだろうと感じた。緑が多いのもいい。交通機関も分かり易くて1日で街に慣れる事ができた。なんとなくだけど、ベルリンのローカルの人は独特の警戒心がある気がした。仲良くなるには時間がかかるタイプが多いのかも知れない。とっつきにくいタイプの方が後々、信用できる事が多いけどね。ベルリンは「噛む程に味がでる街」という印象。あと、美人が多い。

【ドイツのメシ】
メシは普通に旨い。ホテルの近くのベーカリーで適当に買ったクロワッサンとか凄く旨い。パリもそうだけど、さすがパンを主食にしてるだけある。ローカルのレストランに入って、シュニッツェル(ドイツ風カツレツ)を注文。普通に英語が通じるのがいい。人も親切。さあ、料理が到着。パーティーサイズを持ってきてくれました。大人の男がなんとか食い切れる量。旨いけどね。これ一食で1日持つよ。そして、ビールが旨い!「これはビールか?」って感じで。瑞々しくて、苦味もスッキリしていて、上品な味。日本の生ビールとはまったくの別物。使っている水と製法が違うのかな。要は「旨い肉とパンとビールがあれば、他は別にいいだろ?」ってのを感じた。結構そういう感覚好き。実利主義的というか。ドイツのファーストフードとして有名なカリーブルストは、正直、ただのフランクフルトにしか感じなかった(笑)

【ベルリンのクラブ】
退廃的、内省的、機能的。Tresorの音はベルリンの街にハマる音だった。独特の世界観がある。どストレートなテクノでティーンのきれいなネーちゃんがガンガン踊ってるのを見ると「血」なんだと思った。音も空気が乾いてるからか、体にダイレクトに伝わってくる。楽しくてついつい長居してしまった。路上でプッシャーが普通に話しかけてきたりするのも東京ではない感じ。こういう、アンダーグラウンドな音が生活の中に溶け込んでいるのはベルリンならではなんだろうね。次の日はRhythm&Soundの片割れがやってるレコード屋、HotWaxへ行くため、クロイツベルクへ。タクシーの運ちゃんが言うには、あまり地元民はこの区域には来ないらしい。シャルロッテンブルクから移動すると、一発でガラが悪くなったのがわかる。トルコ系の移民が多く住んでいて、ロンドンの東側に雰囲気が似ている。クリエイター系が多く住んでいて、カフェとか面白い店が多い。こういう所に二年ぐらい住んでも面白いかも知れない。

【南ドイツ500キロの旅】
ベルリンからシュツットガルトへ飛んで、広島で会ったイタリア人の友達、マウロと合流。一人旅にちょうど飽きてきた所なのでタイミングが良かった。シュツットガルトはWW2でアメリカの爆撃にあっているので、古い建物がほとんど残っていない。建物もお店も新しくて、住むには静かで良さそう。さて、ここから500キロの車の旅へ。先ずはアウトバーンを南へかっ飛ばしてテュービンゲンへ。ドイツらしい三角形の屋根のかわいらしい家が多くて和む。そこから更に車で移動して、ドイツ三大名城の一つ、ホーエンツォレルン城へ。苦労して山を歩いて登った甲斐あって、城からの眺めが素晴らしかった。感動で、疲れが吹き飛んだ。下山後、今度は北へ進路をとり、小さな街カルフで小休憩。ドイツケーキを食べつつ、お茶をすする。でかい。うまい。街も情緒があって良い。そして、更に北へ進路をとり、もう一つの三大名城、ハイデルブルグ城へ。ここは城内がすばらしい。まんまベルセルクの世界。中世の甲冑の騎士が通路の脇から突然現れそうな雰囲気。ここまでが一日で車で回れる限界。ファンタジー映画の世界が好きな人は、南ドイツを回るのは楽しいかもね

G0.jpeg

G2.jpeg

G3.jpeg

G4.jpeg

G5.jpeg


最近の記事